Q&A

製品紹介
湿式摩擦材
サービスブレーキ
パーキングブレーキ
アクチュエーション
産業機械用ブレーキ
風力発電用ブレーキ

  • ダウンロードコンテンツ
  • 登録用フォーム
  • カーライルブレーキ&フリクションとは
  • カーライルカンパニーズグループとは

サービスブレーキとパーキングブレーキの違いは何ですか?

サービスブレーキは、車両が走行中に速度を調整する時、停止する時に使用されるもので一般的には液圧で作動しています。パーキングブレーキは、負作動ブレーキとも言われサービスブレーキ(正作動)とは逆の作動をします。
即ち車両が走行する時は液圧を作用させ、開放しておく必要があるからです。

サービスブレーキ   → 使う時に液圧を作用させる
パーキングブレーキ → 使う時に液圧を開放する違いがあります。
                   パーキングブレーキは安全ブレーキとも言われ一般的には、
                   ばね等の力でブレーキの仕事をしています。

どんな作動油でも使えますか?

弊社では、各種シール材質を用意していますので、自動車用ブレーキ液、一般工業用の油圧装置に使われている作動油なら大体使えます。他にも水グリコール系の作動油等にも対応しています。

ブレーキは国産ですか?輸入ですか?

弊社は、米国カーライル社と技術提携をしており世界5カ国(日本・米国・オランダ・イギリス・中国)に、生産拠点を持っています。
又、それぞれの国でしか製造していないものもありますので、商品によってはそれぞれの国からの輸入品となります。
現在取り扱い製品の内、約10%が輸入品です。

何故ディスク素材がスチールなのですか?

一般的に、ディスク用素材は鋳鉄が使われます。
しかし、弊社では一貫してスチール製ディスクに拘っています。
それは鋳鉄に比べ下記のような特徴があるからです。
(1)安くできるから。
(2)小型軽量化できます(鋳鉄より薄くできるから)。
(3)温度上昇時の熱膨張係数が鋳鉄に比べ小さく熱歪が小さいから。
(4)熱疲労により破損しないから。
(5)製作が容易だから(鋳鉄のように型が要らない)。

鋳鉄用の摩擦材は使えませんか?

使うことはできますが本来の性能が得られません。
弊社では「スチールディスク専用」の摩擦材を開発、使用しています。
摩擦材は相手の材質(ディスクの材質)により耐磨耗性・耐熱性・摩擦特性に大きな影響を受けます。
正しい組み合わせが信頼性のあるブレーキを生み出しています。

▲ページのトップに戻る